iPhoneのジャンク品(充電不良)

iPhone修理とジャンク品の買取を症状ごとに紹介していくコーナー、今回は第三弾「充電不良(充電・バッテリーの不具合)」について紹介します。

iPhone端末は充電トラブルが多い

iPhone修理店にやってくるお客様ではガラス割れとバッテリー交換希望が最も多く、その次に多いのが「充電できなくなってしまった!」という症状で相談に来るお客様です。
この症状は買取希望の場合だと「充電不良」ということでジャンク品の扱いになってしまいます。

ただ、この充電関係の不具合という症状の半分くらいが、iPhoneを充電する際にケーブルを差し込む「ドックコネクタ」という部分にゴミがつまり、単純にケーブルが刺さらないの(ケーブルが完全に刺さっていない)が原因で充電できないお客様がいます。

お客様が充電が出来なくて困っています!!とご来店されたら、まずiPhone本体をチェックしますが、だいたいゴミが原因という確率は結構高いです。その場合はピンセットで詰まったゴミを取り完了ですので、料金は頂きません。

この充電不良の場合は、修理に出す前や壊れたからジャンク品として売りに出しちゃう前にまずは「ドックコネクタ」を確認しましょう。故障ではありませんから自分で綺麗にすれば充電ができちゃう可能性があります。それでも充電が出来ない場合は修理店に行きましょう。

純正以外の充電ケーブルの使用は注意

iPhone本体が原因ではなく、充電器(充電ケーブル)が壊れている場合もあります。最近では100円ショップなどでも充電ケーブルが売っているのですが、純正ではないケーブルはすぐに壊れる可能性がありますし、iPhone自体を損傷させる危険性もありますので、なるべく純正品のケーブルを使うようにしましょう。

本当にドックコネクタの故障による充電不良の可能性も、もちろんありますので、そういった場合はiPhone修理店でコネクタを交換するか、新しい機種に変えるタイミングならジャンク品として買取店で買い取ってもらいましょう。

Copyright © 2017 iPhone修理と買取のお仕事