iPhoneのジャンク品(液晶破損)

iPhone修理とジャンク品を症状ごとに紹介していくコーナーです。今回は「液晶破損」について紹介します。

iPhoneの液晶破損はガラス割れとセットになっていることが多いですが、液晶が漏れていたり、滲んでしまっている、タッチ操作が効かないなどの症状がある場合が、「液晶破損」に分類されて、液晶破損としてジャンク品になります。

ガラス割れと液晶破損の違い

フロントパネルの破損で、ガラスだけ割れている場合と液晶まで損傷している場合では修理料金と買取価格が大きく変わってきます。

この二つは同じフロントパネルの破損なので同じ様に感じますが、この二つでは全然違います。買取価格だと場合によると二倍以上違うこともありえます。その理由の一つに端末として使えるかが大きく関わってきます。ディスプレイのガラスだけが割れているだけでしたら怪我などさえ気をつければ、普通にスマホ端末として使うことができます。一方でディスプレイ内部の液晶破損の場合は、操作ができない場合がほとんどですのでスマホ端末としては使用不能になります。内部液晶が破損している場合だとタッチパネル操作ができない可能性があるのでスマホ端末として使用不能だからです。

修理をする場合はガラス割れより割高になってしまいますし、買取の場合は価格がだいぶ下がります。

iPhoneはガラス割れの段階で早めの対処を

もしガラス割れの状態でお使いの方がいましたら、次に落とした時に液晶破損が破損する可能性が高くなりますので早めに修理をするか、値段が高いガラス割れの状態のうちに買取に出されることをお勧めします。ただ、液晶が破損したからといって机の中にしまっておくにはもったいないですよ!iPhoneはどんなに壊れている状態でに値段が付く商品ですので、ジャンク品を買取している業者には、まず見積もり出してもらい高く買ってもらいましょう!

Copyright © 2017 iPhone修理と買取のお仕事